非遺伝子組み換え飼料で育った乳牛のアルプス産ミルク 

ロアカーの使用する非遺伝子組み換え飼料で育った乳牛のミルクは100%アルプス産であり、南チロルで製造されています。

スクロール
アルプス産ミルク

チョコレートとクリームに不可欠なミルク

ミルクは私たちのレシピには欠かすことのできない最も重要な原材料の一つです。そのため、ミルクの品質には最高レベルのものが求められており、管理されたサプライチェーンを使って調達する必要があります。ロアカーでは、完全に追跡可能な非遺伝子組み換え飼料で育った乳牛のミルクのみを使用しています。 

取り扱っているミルクの一部は、アルプスの工場に近い場所から直接調達しています。 

南チロル初の粉ミルク生産工場

イタリアの大手乳製品会社ブリミ 社と提携して、新しい乳製品生産施設「ドロミーティミルク」を南チロルにあるヴァンドーイエスに設立し、2019年の11月末に開業しました。ここでは主にアルプス産のミルクと乳清から脱脂粉乳とホエイパウダーを作っています。非遺伝子組み換えであることはもちろんですが、コーシャとハラルの認定も受けている製品です。この新しい工場で使用される原材料の1/3は、ブリミ社から入手する乳清です。ブリミ 社の南チロルの酪農家は、毎日搾乳する新鮮なミルクを協同組合に届けます。届けられるミルクと乳清は、生産地がアルプス地方であることを確認し、厳選されます。この地方にこだわるのは、アルプス地方のミルクの生産が小規模酪農家たちによって厳しく管理されており、動物たちの育成環境にも非常に注意が払われているからです。 

トレーサビリティと近距離の流通

品質とトレーサビリティ、そして自然にこだわった原材料を重視することは、私たちの価値観に埋め込まれており、ロアカーの企業理念でもあります。乳製品の生産施設の設立場所としてヴァンドーイエスを選んだのは、様々な要素を検討し、深く考え抜いた結果です。この工場は、ロアカーの生産拠点のアウナ・ディ・ソットとハインフェルスの中間地点に位置し、ブリミ社からは数キロしか離れていないため、長距離の移動を削減することができます。この戦略的なロケーションはロアカーの持続可能性へのこだわりをさらに証明しています。 

 

持続可能性 

人、環境、そして品質に対する私たちの責任と姿勢 

詳しくはこちら